授業カリキュラム


興味を持ちやすいロボットと身近なテーマでできることが増えていく

「もののしくみ研究室」で取り扱う「ロボット」は、いずれも社会的に意義が認められている、現実の身の回りにある興味深い「もの」たちです。
本物を自分で制作からプログラミング制御することや身近なテーマからしくみについて考えることにより子どもらしい興味関心から、自然にプログラミングの世界へ入れます。

 

多様なテーマについて、毎月新しい経験を積んでいきます。

科学(S)技術(T)工学(E)数学(M)を意識した「数学」「理科」などの周辺の知識も動員し、対象の「もの」に対するさまざまな知識を十分に盛り込んで指導を行います。

最終的には「問題解決」や「商品開発」ができるように学びます。

3年間全33回の毎月変わるテーマ!

歩き・つかみ・走るプログラム!!

以前に学んだ方法を活かしつつも、少しずつ進化するプログラム。

 

例えば、前後するたけの車を、左右に曲がれるようにする。これを加速度センサーでコントロールしてリモコンカーにする。今度はリモコンを外して赤外線フォトリフレクターをつけて壁に当たらないで自立運動できるようにする・・・・・・。

このように、「もののしくみ研究所」のプログラムは、段階を踏みながら少しずつ前に進みます。

1年目のDeveloperコースから3年目のInnovatorコースまで、3年間で33回分の異なったテーマは、ほぼすべてが実存する「もの」。プログラミングからメカニズムまで合わせて学べます。

 


1年目:   Developer  コース(12テーマ)


2年目:Masterコース(12テーマ)


3年目: Innovator  コース(9テーマ)


STEMとは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)の4分野学習のことです。

ロボットを使ったプログラミングの授業では、ロボットの制御や課題の解決の手段としてこれらの学習領域を同時に学ぶことができるといわれています。

もののしくみ研究室でもSTEM領域の学習を意識し、速さと距離や角度についての計算をしたり、光の性質や生物の運動について深く考えるなど、教材に工夫をこらしています。

第2期生(9月期生)募集開始します!

料金プラン 

★9月期開講キャンペーン★

  2017年8月末まで

  • 入会金
     5,000円
  • 月謝
     10,000円
  • 教材費(ロボットパーツ等)
     25,000円(初年度)
     15,000円(2年目)
     15,000円(3年目)
  • 月2回/1コマ90分

 

 

※金額は税別

※教材費は1年に1回のお支払い


9月期生 第1回授業:

  • 金曜クラス 9月8日(金) 17:00~18:30
  • 土曜クラス 9月9日(土) 14:00~15:30


初めてでも安心!    まずは無料体験会にご参加ください。

2017年度 9月 第2期生

 親子無料体験会を開始します!

  • プログラミングって難しそう…、でも、子供は興味深々で・・・、大丈夫かしら…。
  • 今話題だけど、本当に小学生から学ぶ意味はあるの?
  • パソコンも、工作も苦手だけど、できるかしら?
  • etc…

ご安心ください。無料体験会を開催いたしますのでぜひご参加ください。

ロボットを組み立て、プログラミングをパソコンで設定操作していただき、実際にロボットを動かせます。

 

 ---★★ 無料体験会のご案内 ★★---

 

8月  6日(日) 14:00~15:30

8月20日(日) 14:00~15:30

8月27日(日) 14:00~15:30

 

上記以外の日時ご希望の場合はご相談ください。 

 


オプション講座  Scratch(スクラッチ)プログラミングコース
ロボットは使わず、パソコンでScratchを学びます。
ロボットプログラミング講座でも使用する、マサチューセッツ工科大学メディアラボで開発された「Scratch」を使いプログラミングを学びます。プログラミングの命令ブロックを組み合わせるためタイピングはあまり必要でなく、プログラミングの基礎的概念を視覚的に学ぶことができるので、学習の入門編のツールとして世界中で使用されています。初めての方でも楽しく学びをスタートすることができ、学びを深めると世の中で販売されているようなゲーム等も開発することが可能です。
ロボットプログラミング講座と併用し自宅でも学習ができますので、プログラミングにはまった方はお勧めです。
※コース内容等についてはお問合せください。